マンションで魅力的な最上階!はたしてその特徴は!?

最上階に住むことで得られること

マンションの最上階と言うと、とにかく景色が良いことが挙げられますが、上から2番目の階でも、3番目の階でも景色は素晴らしいです。もちろん、低層型のマンションは別ですが、15階建てぐらいのマンションであれば、ちょっとぐらい高さが変わっても景色は問題ありません。しかし、最上階は特別です。と言うのも、一番上と言うのは価格が一番高かったり、このフロアだけ住戸の数が少なく、一つの部屋が広かったりするからです。これにより、非常に魅力的なステイタスシンボルとなるわけです。

最上階のデメリットは本当にデメリットか

マンションの最上階について語る際、エレベーターが止まってしまった時に、移動するのが大変だと言う人がいますが、エレベーターは滅多に止まるものではありません。止まる時と言うのは、大きな地震があった時ですが、よほど大きな地震でない限り、止まったとしてもすぐに復旧するものです。また、点検作業のため使えなくなっていることもありますが、早朝や深夜など、生活に影響が出るような時間にはやらないものです。ですから、点検時に仕事に行っているようなら、まったく気にすることはないわけです。

最上階はエレベーターの待ち時間が長い

マンションの最上階で気になる点と言えば、エレベーターの待ち時間です。例えば、5階に住んでいれば、スムーズにいくと1階から5階までエレベーターが来て、そのまま1階に下りることになりますが、15階だと単純に3倍になります。これがタワーマンションでもっと上の階になるとさらに大変になります。とは言え、5階ぐらいに住んでいても、上の階でエレベーターのボタンを押している人がいれば、自分のフロアを通過して上まで行くわけですから、人によってはあまり気にしなくても良いポイントでしょう。

函館は古くから観光地として栄え、多くの人が出入りする地域です。函館のマンションはリゾートマンションとして扱われることが多いため、築年数に比較して家賃が他の地域よりも高額になる傾向があります。